合同説明会の賢い活用法

合同説明会に参加すると、個別の説明会よりも幅広い情報を入手することができますので効率の良い情報収集手段となります。

一日参加すれば、たくさんの企業の情報を一度に収集できますし、多くの企業の説明を聞くことによって自分の興味のある分野を確認することもできます。


また、方向性が定まっていない人が合同説明会に参加する場合でも、多くの知識を習得する機会になりますので勉強になったと感じることが多いようです。目的を持たずに参加した場合でも、良い企業に巡り合えて応募への意欲が高まるケースもあります。



このように多くのメリットがある反面、活用法を誤ればあまり効果を実感できません。



賢く合同説明会を活用したいのなら、あらかじめ参加している企業の情報を細かくなくても良いので調べておくこと・参加したら忘れずにメモを取ること・他の就活生と交流を図って情報交換を行うことなどが重要です。

また、既に内定を勝ち取っている人の話しを聞くことで、どのような活動を行うべきなのかを知ることも可能です。
合同説明会では単独での説明会への予約が行えることも少なくありませんので、そのような機会も説教的に活用することが大切です。

参加するなら、やはり心構えが大事になりますので、いかに効率良く応募につながるような情報を入手できるかがポイントになります。



広く浅く業界の情報を収集する手段として活用しても良いですし、深いつながりが持てるようになるまで参加を繰り返すのも一つの方法です。